イントロダクション マンホールについて その他 豆知識
下水道用マンホールふたの安全対策と維持管理の経緯 下水道用マンホールふたの安全対策について 下水道用マンホールふたの維持管理について

>下水道マンホール安全対策の手引き(案)

>マンホールふた設置の基本構造
>圧力開放型浮上防止鉄ふた >ロック付転落防止梯子 >耐圧ふた
>マンホールふた設置基準 >スリップ防止ふた  
     
下水道用マンホールふたの施行について ふたの種類の使用区分及び設計根拠
 
 
       
 
 
 
  マンホールふたを開けた状態で点検・清掃等の作業をする場合に、人の転落や物の落下による事故を避けるため、転落防止用梯子の設置が望まれます。
  内圧でふたが飛散した場合でも人の転落を防止できる転落防止用梯子の装着が望ましいことが「下水道マンホール安全対策の手引き(案)」の中で謳われています。この場合は内圧で梯子が外れないようにロックが必要です。この梯子はマンホール内への昇降時には手持ちになり、昇降時の安全性にも繋がります。